蛇口交換で地球にヤサシイ人になろう|蛇口の寿命は10年

水道に安心を

蛇口の交換時期

トイレの詰まり修理を依頼するならこちらに掲載されている業者がオススメです!迅速に駆けつけてくれるので被害を最小に抑える事が出来ます。

水

レバー式の蛇口は、各住宅の使用頻度によって異なりますが、基本的におよそ10年の寿命だと言われています。多くの場合、使用年数が10年を過ぎたころに、レバー式の蛇口が壊れてしまう事が多いようです。また、レバー式蛇口を販売している多くの業者は、保証期間を10年と設定している場合が多いようです。ですから、レバー式蛇口が壊れて修理を行わなければいけない時には、補償期間が切れている事がよくあります。また、海外製のレバー式蛇口は、部品を手に入れる事が、難しいと言えます。部品を手に入れる事ができた場合でも、部品自体が高い価格であったり、手元の届くまでに時間が掛かるといった注意点もあります。10年経過した蛇口は、全体的に傷んでいるため、一部の部品を交換する際に、他の箇所まで破損させてしまう事もあります。

10年の寿命を迎えて壊れてしまった蛇口は、全体的に壊れやすい状態になっています。そのため、一部部品の蛇口交換しても、また近いうちに他の箇所が、壊れてしまうこともあります。ですから、蛇口その物の交換を一度で行っていた方が用意のです。老朽化した蛇口を何度か交換修理行うよりも、一度で、全体を新しくしたほうが、手間や費用もかかないというメリットがあるのです。また、最近では、水の節約を重視した商品も販売されています。交換の際は、節水を考えた蛇口を選ぶことも環境や水道料金に優しいのです。

お役立ち情報

水を止めよう

トイレの水漏れは、気づかない間に水道料金を上げてしまう原因となります、水漏れのはいくつかあります。水漏れの業現象者でない人が修理を行うことは困難な場合があります。

チェックする?

いつ発生するのか

トイレなどの水漏れは、いつ起こるかわからないところが厄介な点です。見つけた場合は、早めの修理をしなければいけません。場合によっては、水道料金が高く請求される場合があります。

チェックする?

こっちもどうぞ

すぐ来てくれる

水漏れの業者多く存在し、テレビコマーシャルでも見かけます。大手の企業など、ほとんどの業者が、フリーダイヤルで相談を行うことが出来ます。電話をしてすぐ来てくれます。

続きはこちら

治しましょう!

緊急対応をしてくれる

トイレの水漏れなどが発生してしまうと、トイレが使用できないなど、生活に支障をきたす場合があります。水漏れが発生した場合は、即座に業者に修理を依頼しましょう。業者も早く来てくれます。

続きはこちら